トップページ > 髪・頭皮の状態をチェック! >  女性ホルモンの減少と髪質低下

40代女性を悩ませる女性ホルモンの減少と髪質低下

女性に特徴的なのが更年期の前後におこる髪質の低下。40代ともなるとこれまで美髪を支えてきた女性ホルモンの分泌が減少しはじめるので、抜け毛や薄毛といった問題がではじめるんです。

女性ホルモンの減少と髪質低下について

女性ホルモンが髪の毛に及ぼす影響って?

女性の心身のバランスや健康と美容を支配しているのが「女性ホルモン」。エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、髪についてはエストロゲンが髪を発達させ、成長期を持続させるという働きがあります。

よく産後に髪の毛が一気に抜けるという話を聞きますが、これなどは女性ホルモンがいかに髪に影響をおよぼしているかの典型的ないい例です。

妊娠中はエストロゲンの分泌量が増加しているんですが、産後はこれが一気に減少します。(=減少するといっても増えていたものが正常値に戻るだけです。)このため、エストロゲンによって成長期を持続していた本来ならとっくに抜け落ちているはずの髪が一気に抜けるため抜け毛が異常に増えたように思うわけですね。

こうした女性ホルモンの分泌量の低下による抜け毛や薄毛、髪質の低下といった問題は女性であれば誰でも例外なく、訪れます。ほとんどの場合は40代になってからそれを実感します。

髪のハリやコシ、ボリューム不足などの低下は誰でも感じることですが、やっかいなのは女性男性型脱毛症(FAGA)を発症してしまう人が女性の半数近くいるということです。

女性にも微量ですが男性ホルモンがあります。この男性ホルモンが更年期以降、女性ホルモンが激減することで、相対的に影響が強くでてしまうことがあり、男性ホルモンの脱毛をうながす働きの影響で女性の髪も薄くなってしまうことがあります。

これが女性男性型脱毛症(FAGA)です。

男性のように生え際が著しく後退したり、河童の頭のように頭頂部など特定部位が集中的に脱毛するということにはなりませんが、全体的に間引かれるように薄くなり、髪がやせて細くなってしまうのが特徴になります。

女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスが大きく変化するのは、何も加齢だけが原因ではなく、普段の生活習慣も影響するうので、20代、30代の人も油断はできません。特に仕事でストレスがたまっている人は要注意です。

髪の美しさや健康を保とうと思ったら、髪や頭皮をケアするだけでなく、女性ホルモンのことも考えたケアをする必要があるということです。エストロゲン様作用のある大豆イソフラボンを摂取したり、体を冷やさない、規則正しい生活をする、タバコ・寝不足をやめるetc...。

こうした生活習慣の見直しがホルモンバランスを保つためには必要不可欠です。美髪は毎日のヘアケアと生活習慣が作るということをしっかり覚えておきましょう。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·