トップページ > 髪・頭皮の状態をチェック! >  ノンシリコンシャンプーの是非

ノンシリコンシャンプーを使ったほうがいいの?

髪や頭皮にいいイメージのあるノンシリコンシャンプーですが、実際どうなんでしょうか?髪のアンチエイジングのためにはノンシリコンシャンプーを使ったほうがいいんでしょうか?解説します。

ノンシリコンシャンプーの是非について

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違い

今、ノンシリコンシャンプーが人気です。女性誌などでもよく特集が組まれていますし、ノンシリコンであることを売りにするシャンプーも昔と比べてかなり増えているように思います。

これまでノンシリコンシャンプーというと、値段も高く、洗い流した後に髪がキシんでしまうことからツヤツヤのなめらか髪に憧れる女性からは少し敬遠されるところがあったのですが、最近のノンシリコンシャンプーは成分が改良されて、そうした弱点を克服できるようになっているといいます。

ノンシリコンシャンプーには、

・髪をコーティングしないため有効成分が浸透しやすい
・髪をコーティングしないため髪や頭皮の汚れをきちんと落とせる。
・髪をコーティングしないため、カラーリングやパーマがかけやすい

という特徴があります。

一方のシリコンシャンプーは

・髪をコーティングすることにより髪を保護してくれる
・髪をコーティングすることにより指通りをなめらかになり手触りやツヤがよくなる
・静電気の発生を防いでくれる

という特徴があり、それぞれいいところがあるんですね。

よくシリコンは吸着力が強いため、毛穴に詰まりやすく、抜け毛の原因になってしまうといわれることがありますが、これについては現在は否定されています。シリコンは毛穴詰まりの原因にならないし、抜け毛の原因にはなりません。

「シリコン=髪や頭皮に悪い」というのはノンシリコンシャンプーを売るためのイメージ戦略といっていいもので、ヘアケア製品の成分に無知な消費者はころりと騙されてしまった感じです。

シリコン自体はとても安全なものです。頭皮に蓄積するなんてこともないんです。

髪や頭皮に対する優しさということにかんしては、ノンシリコンシャンプーもシリコンシャンプーもそんなにたいして変わりはないと思います。個人的にはノンシリコンといいつつ、シリコンのような髪をコーティングする化学物質が入っているものも多いで、これなら最初からシリコンシャンプーを使ったほうが安全だなーと思うことがよくあります。

ただ、カラーリングやパーマをかける人にとってはノンシリコンシャンプーを使ったほうが明らかに色の入りもいいし、パーマもかかりやすいです。これはトリートメントタイプの白髪染めを使ってみるとよくわかります。

本当ならカラーやパーマで傷んだ髪にはシリコン入りのほうがいいんですが、今後も染めたり、パーマをかけるというのはノンシリコンにしたほうがいいです。

シャンプー選びで大切なのは髪や頭皮の状態に合わせてケースバイケースで選ぶということ。キューティクルのしっかりした健康な髪の人はシリコンシャンプーを使う必要はありませんし、傷んでいる人は、シリコンシャンプーを使えばいいんです。

シャンプーについて「シリコン入りか否か?」よりももっと重要なことがあります。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·