トップページ > 抜け毛・薄毛対策 >  6つある女性の抜け毛のタイプ

女性の抜け毛の特徴は?

女性の抜け毛は頭髪全体が均等に薄くなっていくのが特徴。また髪がやせて補足なり、ボリュームが減って分け目が透けてくるという見た目の変化があります。

6つある女性の抜け毛のタイプについて

女性の薄毛=びまん性脱毛症

女性の抜け毛は男性のように特定の部位の髪の毛が後退したり、頭頂部が集中的にハゲるといった形では脱毛せず、ゆっくりと全体に間引かれるように薄くなり細毛化します。

なので、地肌が透けて見えるようになったとか、分け目が目立つようになったということでひょっとして薄くなってきたのかも?と気づくようになります。髪が痩せて細くなったとかとか髪全体の密度が低くなったという表現をされるのが女性の抜け毛の特徴です。

女性の抜け毛には大別すると6つのタイプがあります。

1、びまん性脱毛症

髪の毛が広範囲に渡って薄くなり、頭皮が見えてしまうほど薄くなることもある女性の薄毛に一番多いタイプ。年齢とともになりやすくなりますが、ストレスや食生活、生活習慣の影響で若い年代の方でも症状が起こる可能性もありますので、注意が必要です。

2、牽引性脱毛症

長期間、髪が引っ張られたり、きつく縛られたヘアスタイルをしていると、常に頭皮の特定部分が緊張し、負担がかかるため、血行が悪くなったり、毛根がダメージを受けて脱毛してしまいます。ポニーテールやおさげなどのヘアスタイルをしている人は注意。

3、分娩後脱毛症

妊娠中に増加していた女性ホルモンによって成長期を維持していた髪が出産によってホルモンバランスが大きく変化することで、一斉に休止期に入るので急激に髪の毛が抜けてしまう脱毛症です。出産時の年齢が高いほど回復が遅くなります。

4、円形脱毛症

丸く円を描いたように髪の毛が抜け落ちてしまうという脱毛症で、1円玉くらいの小さなものから500円玉以上の大きさのハゲができます。ストレスや免疫機能の何らかの異常で髪の毛の成長に必要な細胞を傷つけてしまうことで原因といわれていますが、はっきりしません。

5、脂漏性脱毛症

過剰に頭皮の皮脂が分泌されてしまうことによって毛穴が塞がれてしまい、それが原因で菌が繁殖してしまい炎症を引き起こしてしまうことで髪の毛が抜けてしまう症状のことです。シャンプーを変えたり、食生活や生活習慣の見直しを行って治療します。

6、ひこう性脱毛症

フケが毛穴を塞いでしまい、そこに菌が繁殖して炎症を引き起こすことで脱毛してしまう症状です。非常に珍しいレアな脱毛症でかさぶた状になったフケが大量に発生してしまう特徴があります。シャンプーにより皮脂の摂り過ぎが主な原因と考えらえています。

普通、女性の薄毛といった場合、びまん性脱毛症のことを指します。その他のものは病的なものだったり、特殊な条件下のもと起こるものだからです。さらには、このびまん性脱毛症も女性型脱毛症とまとめられてしまうことがあります。

びまん性脱毛症が起こる原因や誘因については、女性の抜け毛・薄毛の7つの原因に紹介したとおりなので、こちらもチェックしておいてください。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·