トップページ > 髪・頭皮の状態をチェック! >  頭皮年齢を診断

頭皮の老化の進行具合を確認しましょう!

髪の老化は頭皮の老化からはじまります。簡易テストで頭皮年齢をチェックしてみましょう。

頭皮年齢を診断について

頭皮年齢を診断してヘアケアを見直す!

頭皮年齢をチェック!

□ 髪にハリやコシがなくなってきた
□ 髪の毛がうねったり、くせ毛の傾向がでてきた
□ 髪がほそくなり、地肌や分け目が目立ってきた
□ ボリュームがなくなり、ヘアスタイルが決まらない
□ 抜け毛が気になる
□ 頭皮の乾燥やフケが気になる
□ 頭皮が硬い気がする
□ 顔や首のたるみが気になってきた
□ 肩こりや目の疲れがある
□ ヘアカラーやパーマ、白髪染めは頻繁にするほうだ

以上の項目で当てはまるものにチェックをいれてみてください。数が多いほど頭皮年齢が高く頭皮の老化が進んでいるといえます。目安ですが、2、3個なら20代、4、5個なら30代、6個40代、7個50代、8個60代といったところです。

簡単は診断表ですが、ぜひチェックしてみてください。

頭皮の老化の症状、あるいはそれに起因する髪質の変化は加齢によるものがほとんどですが、毎日のヘアケアが原因になっているケースもあります。そしてそもそも頭皮の老化スピードを速めたり、緩やかにするのは、普段のヘアケアです。

髪の毛も皮膚の一部である以上は、スキンケアと同じく気をつけて考える必要があると思いますが実際はとうと正しいヘアケアを知っているという人はごく少数なのが現状です。

「髪は女性の命」という割には正しいヘアケアを知らないのはなんだかおかしいですよね。

プロのスタイリストさんは、顔をみなくてもその女性の髪と靴を後ろからみればその人がどんな人なのかがある程度わかってしまうんだそうです。髪と靴の手入れや身だしなみに気を使えるかどうかで、その人の精神的な余裕がわかってしまうからだとか。

また、男性も理想の女性像を女性の髪に投影させる傾向にあります。

黒く光沢があり、清潔感のある髪からは「清純・純粋」とイメージを抱き、好印象ですが、茶髪でパサパサな髪には「頭が悪い・ズボラ」というイメージを抱くので、お付き合いはちょっとということになるんですね。

シミやシワなども見た目を老けてみせる加齢のサインですが、髪も見た目の若さに大きく影響を及ぼすものです。白髪はもちろん、ぺたんこになったハリやコシ、ボリュームのない髪、地肌が透けてハゲている髪は、貧相で老けた印象を与えてしまいます。

黒々として豊かでボリューミィな髪は、その人を若くみせてくれますし、髪の印象がよくなることで自分にも自信がよみがえり、前向きな気持ちになれるはずです。女性にとって見た目が若く美しくなることほど自信になるものはないですからね。

頭皮年齢の診断結果がよくなかった人もヘアケアをはじめる年齢や時期に遅すぎるということはありません。今日から正しい髪・頭皮のエイジングケアをはじめることで、かならずや実年齢より若い髪と頭皮を取り戻すことができるはずです。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·