トップページ > 30代からの白髪対策 >  白髪の改善は可能なの?

白髪は改善できる?

残念ながら白髪は遺伝的要素が強いものです。ヘアケアでは基本的には改善することはできないといわれていますが、白髪のなかには改善できるものもあるといいます。

白髪の改善は可能なの?について

白髪は改善できるものとできないものがある

30代以降の女性の髪の悩みで上位にくるのが白髪です。

この白髪はほとんどが遺伝によるものです。毛深い、毛が薄い、ハゲる、ハゲないが遺伝でほとんど決まるように白髪で真っ白になる人もいれば、80代になっても髪が黒々しているという人もいます。

白髪が少ない人に話を聞くと「うちの家系は代々白髪が少ない」といいますよね。ただ、白髪が生えない遺伝というのは少数だと思うので、遅かれ早かれほとんどの女性にとってはいずれは白髪が生えてくるのは避けられません。

そんな白髪ですが、実は2タイプあり、改善できるものとできないものがあることがわかっています。

白髪の約8割は毛根のメラノサイトが完全に消失してしまっているタイプでこのタイプは現代の技術では改善することはできません。今のところ染めるしかないです。(これ便利です。⇒ 「アプロナの白髪隠し」

ただ、メラノサイトが消失している場合の白髪を黒髪に戻す研究は行われているようです。

もうひとつ白髪の約2割が毛根のメラノサイトは存在しているがメラニンが生成されておらず休止しているタイプのものであり、髪の途中から白髪になっているという特徴があります。

こちらはバランスの良い食事とマッサージやツボ押しなどで頭皮の血行をよくすると改善することができます。若い人で白髪多いという場合はこのタイプの白髪が多いかもしれません。ダイエットをした後や妊娠中や産後の白髪もこのタイプが多いと思います。

白髪が生えてくるのを遅らせる、あるいはメラノサイトが生きている場合の白髪を改善するために必要なのが正しい栄養素を食事から摂取するということです。

髪の健康に必要な栄養素一覧」と重複するところもありますが、白髪を予防する、改善するために特に重要な栄養素はというとタンパク質と銅、亜鉛、鉄分といったミネラル分です。

まずタンパク質についてはこれは髪を作る材料なので、基本中の基本です。タンパク質(アミノ酸)が不足してしまうと、髪を作る材料がないということで、抜け毛が増えます。

銅は、メラニン合成に欠かせいない成分なので、髪を黒くするには不可欠な成分ですし、亜鉛は不足すると白髪だけでなく、髪質が低下して抜け毛の原因になるといわれている成分です。

鉄分は全身の細胞・組織に酸素を運ぶ赤血球の材料になるものですから、これが不足してしまうと髪の成長や白髪予防に効果のある成分が毛母細胞など必要なところに行き届かなくなるので非常に重要な成分といえると思います。

このように白髪予防にはたくさんの成分を必要とします。

となると、すべての成分を効率よく摂取しようと思ったらサプリメントを飲むしかないかな?と思いがちですが、そこで紹介したいのが「胡麻(ゴマ)」です。胡麻(ゴマ)が白髪にいいと聞いたことはありませんか?

ゴマは白髪予防や改善にいいといわれているタンパク質からビタミンからミネラルまでみんな凝縮されています。さらに胡麻のなかでも黒ゴマになると、抗酸化成分もたっぷり含有されていて、頭皮のアンチエイジングにも役立ちます。

また紫外線がDNAを傷つけて白髪になるという説もあるぐらいなので、抗酸化成分は摂取しておいて得することはあっても損することはないものです。なので、黒ゴマを積極的に摂取しましょう。

白髪は遺伝的なものなので、仕方ない部分もありますが、何もせずにただ白髪になるのもくやしいものです。紹介したような髪を黒くするのに必要な栄養素を摂取して頑張ってみるのもいいと思います。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·