トップページ > 髪の正しいエイジングケア >  睡眠5時間未満でハゲる!?

髪は睡眠中につくられる

髪の毛は夜、睡眠中につくられてダメージが修復されるので、睡眠時間が短かったり、不規則だと睡眠の質がおち、髪の成長も修復もうまくいかなくなってきます。

睡眠5時間未満でハゲる!?について

睡眠5時間未満でハゲる!?成長ホルモンの話

質のいい髪をつくるには質のいい睡眠が不可欠です。

その理由は睡眠中に分泌される成長ホルモンにあります。成長ホルモンは若返りホルモンといわれるもので、入眠後直後の90分間にやってくるノンレム睡眠時に最も分泌されます。その量は1日に分泌されるおよそ7割。

この間に髪をはじめ人体の細胞の代謝を促進し、ダメージを修復してくれています。

筋トレをはじめたところ白髪が減ったという人はよくいるのですが、これは筋トレをすることで通常時の数十倍という成長ホルモンが分泌されるからです。加圧トレーニングはさらに通常の筋トレよりも成長ホルモンがでるといわれています。

もちろん、白髪予防だけでなく、傷んだ髪の修復にも成長ホルモンは欠かせません。紫外線で傷んだ頭皮の再生と修復も行ってくれるので、美しい髪と健康な頭皮には成長ホルモンは不可欠なんです。

「髪の毛は夜、寝ている間につくられる」ということをまず覚えておいてください。

そのため睡眠時間を確保できないとか、寝る時間がいつも不規則ということになると、成長ホルモンの分泌が悪くなり、その恩恵を受けられません。髪の毛も十分成長しませんし、ダメージがリセットされずにいつまでも蓄積された状態が続くので髪や頭皮にはマイナスなんです。

睡眠時間については5時間未満になると抜け毛が増えるというデータがあるようです。さらに覚えておきたいのは、量よりも質のほうが大事であり、毎日に決まった時間に寝て、起きるということが非常に重要です。

規則正しい生活がつくるリズムにしたがって人間のホルモンというのは分泌されており、これは睡眠中の成長ホルモンも同じです。毎日9時間寝ているといっても寝る時間がいつもバラバラでは成長ホルモンもうまく分泌されないんですね。

寝る時間にかんしてはできれば夜10時から深夜2時までの間には熟睡しているのが理想だといわれています。とはいえ、この時間に寝るのはなかなか難しいという人もいると思います。そういう人はできるだけ日付が変わらないうちに寝るということを心がけてください。

肌にとっては食事よりもスキンケアよりも睡眠のほうが大事だといわれているのでおそろく髪もそうだと思います。髪や頭皮を美しくするのは長い目でみると生活習慣こそが一番大事なポイントになります。

「内側から整えること。」これが髪のアンチエイジングに最も影響するということなんですね。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·