トップページ > 抜け毛・薄毛対策 >  女性用育毛剤の選び方

女性用育毛剤はどうやって選べばいいの?

女性用の育毛剤も今は珍しくありません。有効成分が入っており、さらに頭皮に合うものを半年以上使ってはじめて効果があるのがわかります。

女性用育毛剤の選び方について

女性用育毛剤の選び方のポイント

育毛剤は頭皮の保湿をしたり、血行を促進してくれる目的があります。

育毛剤は効くの?ということですがそれは有効成分次第です。それから頭皮にあっているかどうかも重要で、たとえば男性用の育毛剤は女性用の育毛剤に比べて清涼剤が多く入っています。(皮脂が多いため)

なので使った後に爽快感やスッキリ感があるのは男性用なんですが、これを女性が使うと清涼剤の成分が刺激になってしまう場合もあります。

また、たとえばミノキシジル配合のリアップなどは男性用(リアップ)と女性用(リアップレディ)がはっきり区別されています。この理由は男性と女性とではミノキシジルの効き方が違うからです。

男性は濃度が濃くなることでより効き目があったことが確認されており、それゆえミノキシジル5%配合のものがあるわけですが、女性の場合は1%でも5%でも差はなかったということで1%配合になっているわけです。

そもそも男性と女性では薄毛の原因が違うので、育毛剤の成分も有効成分の濃度も違って当たり前のものです。男性用の有効成分の濃度の高いモノは女性が使うとかぶれやすいこともあるのでここは注意が必要なところです。

基本的な育毛剤に配合されている成分を紹介しておきます。

■ ミノキシジル・・・・発毛と育毛を促進
■ センブリエキス・・・末梢の血管を拡張させて血流を改善する
■ ニコチン酸アミド・・・毛母細胞を活性化する
■ 塩化カルプロ二ウム・・・血行を促進
■ アデノシン・・・発毛促進遺伝子を活性化
■ T-フラバノン・・・脱毛因子を阻害
■ ショウキョウチンキ・・・毛包のタンパク質合成を促進

他にもいろいろあると思いますが、様々な成分を様々な組み合わせで配合しており、頭皮の血流を改善したり、毛母細胞の活性化をうながしたりして発毛・育毛をうながしています。

こうした有効成分のなかでもミノキシジルは薄毛治療などでも利用されている最も確実に効果が期待できると評判の成分です。唯一、発毛の効能が謳える成分なんですね。

そのため育毛剤を選ぶときはまずはミノキシジル配合がどうかで選びます。もし使ってみて頭皮に合わないとか副作用がでたなど、トラブルが発生するようであれば他のものを選んでみるという感じです。

相性というのがあるのが育毛剤だからです。

どんな育毛剤にもいえることですが、使用期間は最低でも半年です。育毛剤は半年以上使ってみて経過を観察してみてください。もし、それでダメだったら医療機関の薄毛外来などに行ってみたほうがいいと思います。

病気が裏に隠れている場合もありますし、医療機関で処方される育毛剤のほうがより個人の薄毛の状態にあわせたものであり、症状にあわせて細かく調整できるので効果が高いからです。

医療機関での薄毛治療については、女性用の毛髪外来での薄毛治療で詳しく解説してあるのでそちらをご覧ください。

Copyright © 2013 女性38歳からの髪のアンチエイジング· All Rights Reserved·